青汁 基礎知識

サイトマップ

青汁の基礎知識 青汁に使われている野菜をご紹介します!


青汁の様々な種類についてご紹介いたします。


【大麦若葉】
大麦若葉は実は植物の名前ではなく、大麦の若い時期の葉っぱのことを指します。
乾燥した土壌と冷たい空気が栽培条件に適しており、
日本でも全国各地で季節を通じて春や秋に栽培されています。
青汁で主に良く使われている野菜です。

食物繊維が豊富でさらにはビタミン、カルシウムが多く含まれており、最近話題の葉酸も含んでいます。


【ケール】
ケールはアブラナ科の野菜で、原産は地中海沿岸。
暖かい気候の中、年中栽培でき収穫もたくさんできる野菜です。
栄養価がとても高いのも特徴です。

ビタミンやミネラルを多く含んであり、その含有量は緑黄色野菜の中で最も多いといわれるほどです。栄養価も高く青汁にも適しています。

ケールにはアレルギーを抑える成分も含まれており、
花粉症対策にも症状を緩和させる為に役立ちます。


【すいおう】

すいおうはハート形の葉っぱをしています。
実は、すいおうとは『サツマイモ』の葉っぱを改良し作られたものなんです。
九州にある、農研機構九州沖縄農業研究センターでたくさんの時間研究され産まれました。

生活していると不足しがちな「ビタミン類・ミネラル類・食物繊維」を豊富に含んでいる万能野菜。野菜の王様ケールにも引けを取らない栄養価を持つすいおう。

豊富な栄養の他、ポリフェノールの一種である「カフェ酸誘導体」も含んでおり、
ガンの予防動脈硬化を抑制する効果を持っています。
目の病気や予防に効果のあるカロテノイドの一種「ルテイン」も含んでいます。


【明日葉】
明日葉(あしたば)は、セリ科の植物で、味には独特のクセがあるのが特徴です。
葉と茎を食べる事ができ、ミネラル・ビタミンが豊富に含まれています。
便秘や利尿、高血圧予防に効果があります。

ポリフィノールの一種である「カルコン」という成分が含まれており、
カラダの巡りを良くしてくれる効果があります。

また、抗菌作用や余分な水分を排出しむくみなどにも効果あります


【桑の葉】
桑の葉は、強い生命力に満ちあふれている植物として知られています。
昔から健康のためとしてお茶で親しまれてきました。

糖の吸収を抑える効果もあり血糖値や糖尿病の方におすすめです。
腸内を整えてくれるので、便秘の改善にも効果があります。
また最近では、ダイエット等にも有効とされています。


【よもぎ】
よもぎはキク科の植物で、この中では私たちの生活に一番親しみのある植物かと思います。
独特の香りはありますが、おひたしや草餅、最近ではお灸や韓国で人気のよもぎ蒸しなんかがありますよね。

食物繊維がたくさん含まれているので、便秘改善にも効果があります。
よもぎに含有されている「クロロフィル」が私たちのカラダで大活躍!
新しい血液を作る他、小腸の中で蓄積した有害物質(ダイオキシンなど)を取り除いてくれます。貧血予防や血中コレステロールを下げる働きもあり、私たちの体には欠かせません。

「フレッシュフルーツ青汁の効果について」について

フレッシュフルーツ青汁の効果をまとめました!最近雑誌でよく見かけるフレッシュフルーツ青汁。他の青汁とはどう違うのか?その効果を調べました。

Copyright © フレッシュフルーツ青汁の効果について. All rights reserved